Windows10をアクセスポイントにする

サーバ構築時、サーバをインターネットへ接続するためにWindowsのネットワーク共有機能を使ったら便利だったのでメモ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows10をアクセスポイントにする

イメージとしては↓な感じ。

サーバとノートPCを接続して、ノートPCのWAN(Wi-fiとかLTE)からインターネットへ抜けます。

ネットワーク共有設定のやり方

コントロールパネルを開いて[ネットワークとインターネット] – [ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。

アダプターの設定の変更をクリックします。

共有したいWAN側のインタフェースを右クリックします。今回はWi-fiを使います。

プロパティをクリックします。

共有タブで「ネットワークのほかのユーザーに、、、、」にチェックを入れて、ホームネットワーク接続からインタフェースを選択します。このポートがLAN側ポートになります。サーバを接続するのは、このポートです。

設定したらOKをクリックしておしまいです。

LAN側インタフェースにIPアドレスが設定されていない場合、自動的にIPアドレスが付与されます(変更可能)。

ノートPCを経由してインターネットへ接続する機器は、ノートPCのIPアドレスをデフォルトゲートウェイに設定します。

複数台の機器をインターネットへ接続したい場合はハブなどを使えば良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク