自宅仕事で役立つものを勝手に紹介

自宅で仕事するのはとても快適なのですが、その理由のひとつがPCを始めとしてお気に入りのハードやソフトを使えるからです。

ヘッドフォン

良い感じのノイズキャンセリング機能。装着感とBluetoothにしか拘りがなかったのでオマケ程度にノイズキャンセリングを考えていたけれど、装着した瞬間にほぼ無音状態になって感動。室内ではこれで十分かと思います。

ディスプレイ

もちろん、デュアルディスプレイです。作業には24.1インチがぼくは最適だと思っています。23.8インチだと高さが足りないのですよね。27インチだと大きすぎる。

キーボード

Happy Hackingキーボードも愛用しているのですが、メインのLinuxマシンではこのキーボードを使っています。これはすべてのキー荷重が30gです。どれくらい軽いかというと、軽く指を乗せただけで押下されます。ハードパンチャーには使えないでしょう。このキーボードに慣れると他のキーボードで作業する指が疲れてしまいます。会社にキーボードを持ち込めるならば自前のキーボードを持っていくべきです。

ただ、このキーボードはキータッチが軽すぎるので使う人を選ぶかもしれません。

マウス

ちょっとお高いのですが、サイズが絶妙で使いやすいのと、ボタンひとつでBluetoothを3台まで切り替えられるので、デスクトップとラップトップで使用しています。結構おすすめです。

寝袋

自室が本とPCとネットワーク機器と犬で埋まっていてスペースがないので、寝袋で寝ています。廊下やリビングで寝ると怒られるので仕方ないです。

寝袋は使用温度が肝です。ぼくは東京住みですが、冬をエアコンなしで越すには、最低使用温度 -5℃の製品が必要です。この製品は比較的安いのでオススメですよ。

我が家の鍋率は結構高めです。土鍋も良いのですが、うちはキントーの鍋を使っています。おしゃれなので、女の子ウケも良いと思います。

白もきれいなのですが、うちは黒にしました。単なるおしゃれ鍋ではないので、結構気に入っています。

コーヒー

ぼくはドリップコーヒーを淹れるのが好きです。これもおしゃれで、良い感じです。ただ、金属フィルターはぼくには合っていないので、ペーパーフィルターで淹れています。ペーパーフィルターで淹れるときは、カリタの陶器のドリッパーを愛用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク