ダークネットにWebサイト(ダークウェブ)を作る方法

敷居が高そうに感じますが、ダークウェブでWebサイトを公開する手順はサーフェイスでWebサイトを公開する手順とさほど変わりません。

ダークウェブでWebサイトを作って公開する手順を解説します。対象OSはLinuxで、特にディストリビューションは問いません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダークウェブとは

検索エンジンにインディックスされ誰でもアクセス可能なWebサイトをサーフェイスウェブ(表層ウェブ)といい、認証を伴うものなど検索エンジンにインディックスされず一般に認識されないWebサイトをディープウェブ(深層ウェブ)といいます。

ダークウェブは、Tor(あるいはI2P)でのみアクセス可能なダークネット上のWebサイトを指します。検索エンジンにインディックスされる事はなく、通常はTorプロキシなどを利用しない限り一般的なブラウザからアクセスする事ができません。ここでは、Torを通じてのみアクセス可能なオニオンドメイン(.onion)のWebサイトについて触れます。

インストールしておくもの

この章は基本的な内容なのでサラッと解説します。

ダークウェブでもサーフェイスと同様にウェブサーバをインストールします。ApacheやNginxなど好きなものを選んでください。

ウェブサーバをインストールして設定が済んだらIEやChrome、Firefoxなど通常のブラウザで接続して正常に表示される事を確認しておきます。

次にTorをインストールします。通常はパッケージが用意されているのでyumやaptなどディストリビューションに合った方法でTorをインストールしてください。

Torの設定

ダークウェブでサイトを公開するためにはtorrcという設定ファイルを編集する必要があります。/etc/tor/torrc がなければfindコマンドでtorrcを探してください。

torrcをエディタで開いたら次の2行のコメントを外しておきます。

HiddenServiceDir /var/lib/tor/hidden_service/
HiddenServicePort 80 127.0.0.1:80
最初はデフォルト設定で動かすとトラブルが少ないので、コメントを外したら設定を変更せずにtorを起動します。/var/lib/tor/hidden_service/ が存在しなければ自動的に作成されるはずです。

ダークウェブでのドメイン名(ホスト名)

torの起動に成功すると /var/lib/tor/hidden_service/ 配下にhostnameprivate_keyが作成されているはずです。

# ls /var/lib/tor/hidden_service
hostname private_key
#
ダークウェブではprivate_keyを基にしてドメイン名(ホスト名)が生成されます。生成されたダークウェブでのドメイン名(ホスト名)はhostnameファイルに書かれています。

アクセスしてみる

それでは /var/lib/tor/hidden_service/hostname に書いてあるドメイン名(ホスト名)を確認してみます。
# cat /var/lib/tor/hidden_service/hostname
lhcl25hyucm7ppge.onion
#
名前は lhcl25hyucm7ppge.onion のようですので、http://lhcl25hyucm7ppge.onionへTorブラウザでアクセスしてみましょう。

無事に接続できました。

.onionドメインのダークウェブサイトはこんな感じで公開する事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク