インフラ

光ケーブルと光コネクタまとめ

仮想環境ばかりいじっていると、いざデータセンターで作業するとなったときに接続インタフェースの知識がなくて困ってしまいます。

LCとSCの違いって何だっけ?といった事がないようにおさらいしましょう。

光コネクタの種類と用途

SCコネクタ

もっとも一般的なコネクタでLANでのデファクトスタンダードとなっている。

SCコネクタ

SCFコネクタ

2連SCコネクタで、これもLANでのデファクトスタンダードとなっている。

SCFコネクタ

LCコネクタ

プッシュブル型光コネクタでフェルール径がSCの半分

LCコネクタ

FCコネクタ

ネジ締め型コネクタで、測定器などある程度の強度が必要な際に使用される。

FCコネクタ

STコネクタ

バヨネット締結型コネクタ

光ケーブルの種類

マルチモードファイバ(MMF)

マルチモードファイバはシングルモードファイバと比べてコア径が大きく、異なるモードを混在させて伝送させる事ができる。異なるモードを多重化できるため大容量の伝送が可能となるが、多重化にり信号波形が劣化するため長距離通信には向かない。

SI型MMF – ステップインデックス・マルチモード光ファイバ(SI)

GI型MMFに比べて安価に製造できるが、高速伝送・伝送距離は劣るため、ほとんど使われていない。

GI型MMF – グレーデッドインデックス・マルチモード光ファイバ(GI)

SI型MMFに比べて高価だが、高速伝送が可能。

シングルモードファイバ(SMF)

シングルモードファイバはマルチモードファイバと比べてコア径が細く、単一モードで伝送する。マルチモードファイバに比べて光の分散が少ないため長距離伝送に向いている。

ダブルクラッドファイバ(DCF)

ダブルクラッドファイバはシングルモードとマルチモードの光を同時に伝送できる。

ダブルクラッドファイバはシングルモードコア、第1クラッド、第2クラッドで構成されている。シングルモードの光はシングルモードコアで伝送し、マルチモードの光は第1クラッド内で伝送する。

フォトニック結晶ファイバ(PCF)

PCF(Photonic Crystal Fiber)はクラッド内に多数の空孔を規則的に配列した構造で、内側の空孔に囲まれたコアに光を閉じ込める。PCFは超大容量伝送と超長距離伝送の媒体として期待されている。