パソコン一般

秀丸とNoetepad++のメモ

普段あらゆる作業で秀丸を使っています。コンフィグやログを見たり投入用コンフィグを作成する際は特に活躍してくれています。

とはいえ、秀丸(というかシェアウェア)を使えない場面も多々ありサクラエディタやNotepad++を使うもののどうしても秀丸と同じような事が出来ず(逆に秀丸で出来ない事も見つかる)作業効率の低下が気になっていました。

そんなわけで、今更ですがNotepad++と秀丸の機能を見直し、可能な限りショートカットを合わせて使い勝手を良くしようと思い立ったので、メモがてら残します。

よく使う機能

検索結果に色を付けたい

コンフィグやログの特定文字列に色を付ける事が多いです。コンフィグチェックする際はとても便利な機能です。

秀丸の場合

秀丸の場合はCtrl + f で検索ボックスを呼び出した後に検索語に入力して alt + b で色を付ける事が出来ます。

秀丸の良いところは検索に正規表現が使える点です。

Notepad++の場合

Notepad++の場合は色を付けたい文字列を選択して右クリックし[Style token]から[スタイルXを適用]を選びます。

Notepad++の場合は正規表現が使えないのと、最大で5つしか色を付けられません。

ブックマークを付けたい

気になった場所をブックマークして、後でジャンプできる機能です。これもログやコンフィグをチェックする際に役に立ちます。

秀丸の場合

秀丸の場合はブックマークではなくマーキングという機能になります(ブックマークは別の機能)。

秀丸ではマーキングとマーキング移動のショートカットがデフォルトで用意されていないので、Notepad++のショートカットと同じ設定を実施しています。

マーキング – Ctrl + F2
上方向のマーキングへ移動 – Shift + F2
下方向のマーキングへ移動 – F2

Notepad++の場合

Notepad++の場合は行の左側をクリックするとブックマークされます:

またデフォルトでショートカットが用意されています:

マーキング – Ctrl + F2
上方向のマーキングへ移動 – Shift + F2
下方向のマーキングへ移動 – F2

Notepad++の気に入っている機能

秀丸にあったらい良いな、という機能。

制御文字を一発で分かりやすく表示できる

秀丸を使っているときは常に制御文字や空白・タブをそれと判別できるように表示させているものの、場合によっては見辛くなる事もあって嫌なのですがNotepad++はボタン一発で表示・非表示を切り替える事ができます。改行コードが目立って分かりやすいのも良いです。稀に複数の改行コードが混在しているファイルを処理する場合は重宝します:

行の入れ替えが簡単

コンフィグ作成時に行の入れ替えをする事があるのですが、秀丸ではカット&ペーストで実現させています。Notepad++だと Ctrl + t で簡単に行の入れ替えができるので重宝しています:

一括編集

複数個所を同時に編集できる機能です。知らないと何のこっちゃと思うはずです。これは、編集したい箇所をCtrlを押しながらクリックすると、その箇所が同時に編集できるというものです:

この機能はデフォルトでは無効なので、設定で有効化する必要があります。有効化するためには[設定] – [環境設定] – [変種画面]から「一括編集」の有効化にチェックを入れます。