VBSでIEをアクティブ化(最前面表示)する

VBSでIE(Internet Explorer)の画面をアクティブ化(最前面表示)させる方法について解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VBSでIEをアクティブ化(最前面表示)する流れ

  1. IEのプロセスIDを取得する
  2. IEを操作するためのObjectを作成する
  3. アクティブ化(最前面表示)する

やっている事は難しくありません。それでは、順を追っていきます。

IEのプロセスIDを取得する方法

プログラムが起動するとID番号が割り当てられます。このID番号を使って起動済みのプログラムを再起動させたり終了させる事ができます。このID番号がプロセスIDと呼ばれるものです。VBSでプロセスIDを取得するための関数は次のように書く事ができます。

プロセスIDを利用してIEをアクティブ化(最前面表示)する方法

先ほどの方法でIEのプロセスIDは取得できるので、取得したプロセスIDを利用してIEをアクティブ化する関数を書きます。

やっている事は単純で、プロセスIDを指定してObjectをAppActivateしているだけです。

VBSでIEをアクティブ化(最前面表示)するだけのコード

それでは、ただ単にIEをアクティブ化するVBSコードです。次のVBSを適当なファイル名(拡張子は.vbs)で保存してください。ファイルをダブルクリックすると、起動済みのIEをアクティブ化します。

まとめ

単純にIEをアクティブ化するだけのコードですが、色々なところで役に立つのではないかと思います。ちなみに、複数のIEを立ち上げている場合、一番最後に起動したIEのみアクティブ化します。すべてのIEをアクティブ化したい場合は、それぞれのプロセスIDを取得して順次アクティブ化する処理をおこなう必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする