LinuxでUSBシリアルケーブルを使う

ぼくは基本的に作業をTeraTermマクロで自動化しているので、普段外で仕事をするときはTeraTermが使えるWindowsマシン以外には考えられないのですが、自宅で検証するときはコンソール接続できる端末があればOSは何でもいいんです。という事で、自宅の検証用部屋ではUbuntuをインストールしたLet’s Noteを置いています。

インストールしているUbuntuのバージョンは14.04 LTSです。USBシリアルケーブルは、ぼくのおすすめiBUFFALO製品です。

参考記事:ネットワークの現場でカバンに入れておくべき道具類

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デバイスが認識されている事を確認する

USBシリアルケーブルをLinuxマシンにUSB接続したらdmesgコマンドを実行してください。一番最後の行で「ttyUSB0」としてデバイスファイルが認識された事がわかります。

使い方

ぼくは昔からUnix系OSでシリアルコンソール接続する場合はcuコマンドを使っています。cuコマンドを使ってCiscoルーターへ接続するためには次のようにします。

パーミッションで弾かれてしまいました。パーミッションを調べてみましょう。

一般ユーザーにも読み書きの権限をつけてやります。

それではもう一度接続してみます。

今度は接続できましたね。面倒なので恒久的にパーミッションを設定しましょう。デフォルト設定は次のファイルに記載されています。

/lib/udev/rules.d/50-udev-default.rules

これを直接いじるのは不作法なので、次のファイルを編集(なければ新規作成)します。

/etc/udev/rules.d/50-udev-default.rules

今回は/dev/ttyUSB**のパーミッションと所有者を変更したいので、次の1行を追加しました。

この設定を行うと、パーミッションと所有グループが設定したものになります。

cuコマンドで接続するときは「-l」オプションでデバイスファイルを指定します。デバイスファイルは先ほどdmesgコマンドで確認した「ttyUSB0」です。

接続を切る方法

コンソール接続を切るためには「~.」を入力します。~(チルダ)の後に.(ピリオド)です。

ログをとりたい

cuコマンドはログを取得する機能はないので、scriptコマンドで端末の入出力をすべて保存してください。

cu以外のソフトウェア

cu以外にはminicomやscreenがあります。ぼくは昔からcuしか使っていないので、他のソフトウェアの使い方についてはよく知りません。それにminicomは設定とか面倒。シンプルなのが一番なんですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] 参考記事:LinuxでUSBシリアルケーブルを使う […]