Linuxでコンソールサーバを作る

32ポートのコンソールサーバを買うのもバカバカしいので自作してみた記録です。自作と言うと大げさで、単にvSphere(ESXi)上のUbuntu Serverでconserverを動かすだけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

用意する物

  • コンソールサーバを構築するLinux Box(BSDでも何でも良い)
  • USBハブ(たくさんポートが欲しい場合)
  • USBシリアルケーブル(たくさん)
  • シリアルケーブル(たくさん)

USBシリアルケーブルを認識させる

ぼくはESXi上のUbuntu Serverをコンソールサーバにするので、単純にUSBポートへUSBシリアルを接続するだけじゃ駄目です。ESXiでUSBシリアルケーブルを使う方法については、次の記事を参照してください。

参考記事:vSphere(ESXi)上のLinuxでUSBシリアルを使えるようにする

普通のPCにUSBシリアルを接続する場合は、認識することを確認するだけで大丈夫です。オススメのUSBシリアルは、やっぱりiBUFFALOの製品です。

conserverのインストールと設定

conserver-serverとconserver-clientをインストールします。

設定ファイルは /etc/conserver/ にあります。まずは conserver.cf を編集します。このファイルに次の内容を追記しました。

これは接続するUSBシリアルの数だけ、com0と/dev/ttyUSB0の数字の部分を変えながら追記します。併せて、trusted行のコメントを外しました。次のパスワード設定と絡みますが、信用したホストからの接続ではパスワード認証させないようにしたいので、trusted行のコメントを外しています。

最後にパスワード設定の conserver.passwd を編集します。空ファイルなので、次の内容を記載しました。

これでログインユーザーがパスワードなしにコンソール接続できます。設定が完了したらconserverを再起動します。

使い方

接続するためには console コマンドを使います。引数には conserver.cf で設定した「console XXX」のXXXの部分を指定します。

consoleで接続する

com3にCatalyst3750が繋がっているので接続してみましょう。

ヘルプを表示する

conserverのヘルプを表示させるためには「Ctrl+e」の後「c」を押します。すると「]」が表示されるので、続けて「?」を押します。するとヘルプが表示されます。

別のコンソールへ切り替える

複数のコンソールがある場合は(なきゃconserverなんて不要でしょうが…)、簡単にコンソールを切り替える事ができます。切り替えるためには「Ctrl+e」の後「c」を押します。すると「]」が表示されるので、続けて「;」を押します。「console: 」と表示されるので、ここで接続したいコンソールを入力します。com1にはCiscoルーターが接続されているので、com1に切り替えてみましょう。

ステータスを表示する

使えるコンソールポートの確認や、利用状況を確認することができます。「Ctrl+e」の後「c」を押します。すると「]」が表示されるので、続けて「u」を押します。

 終了させる

conserver-clientから抜けるためには「Ctrl+e」の後「c」を押します。すると「]」が表示されるので、続けて「.」を押します。これでシェルに戻ります。

まとめ

安価にコンソールサーバを作るにはUSBハブでUSBポートを増やして、そこにUSBシリアルを挿しまくってconserverを立ち上げる。これで何万も何十万も出費してコンソールサーバを買う必要はありません。使い方を覚えると結構便利なので、ここで紹介していない機能についてはヘルプを見ながら色々と試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク