vSphere Embeded Host Clientを使ってみる

ぼくの自宅サーバーはvSphere6で構築しています。管理はvSphere Clientで行っているのですが、こいつがWindowsでしか動かないため、普段はMacで作業しているのにvSphere Clientを起動するためだけにWindowsへ移って作業をしています。これは非常に面倒ですし、次のvSphereのリリースからはvSphere Clientはサポートされそうにありません。

VMware Essentialsでも買おうと思ったけれど、vMotionは使えないし買っても無駄かなと思い「vSphere Embeded Host Client」を試してみる事にしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

vSphere Embeded Host Clientをダウンロードする

vSphere Embeded Host Clientは、次のURLからダウンロードできます。

This version of the ESXi Embedded Host Client is written purely in HTML and JavaScript, and is served directly from your ESXi host and should perform much bette...

vSphere Embeded Host Clientをインストールする

vSphere Embeded Host Clientをダウンロードしたら、データストアへアップロードしておき、コマンドラインでインストールを実行します。

インストールしたら再起動します。

再起動が完了したら接続してみましょう。

vSphere Embeded Host Clientへ接続する

ブラウザで「https://<ESXi>/ui」へ接続するとログイン画面が表示されます。

ログインするとこんな感じです。

仮想マシンの作成や編集もできるので、通常の操作は問題なさそうです。何より、Macで操作できるようになったので、当面はこれでいこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク