レンタルサーバー/VPSのキャンペーン情報!
お見逃しなく!!

CentOS8 Pacemaker+Corosyncインストール

CentOS8にPacemakerとCorosyncをインストールする

CentOS Linux release 8.1.1911 からdnfでPacemakerとCorosyncがインストールできるようになりました。

PacemakerとCorosyncについては以下の記事で紹介しています。

インストールは可能なのですが、以下のようにHighAvailabilityが無効化されています。

# dnf repolist all
メタデータの期限切れの最終確認: 0:31:08 時間前の 2020年04月30日 13時14分57秒 に 実施しました。
repo id            repo の名前                                     状態
AppStream          CentOS-8 - AppStream                            有効化: 5,318
AppStream-source   CentOS-8 - AppStream Sources                    無効化
BaseOS             CentOS-8 - Base                                 有効化: 1,661
BaseOS-source      CentOS-8 - BaseOS Sources                       無効化
Devel              CentOS-8 - Devel WARNING! FOR BUILDROOT USE ONL 無効化
HighAvailability   CentOS-8 - HA                                   無効化
PowerTools         CentOS-8 - PowerTools                           無効化
base-debuginfo     CentOS-8 - Debuginfo                            無効化
c8-media-AppStream CentOS-AppStream-8 - Media                      無効化
c8-media-BaseOS    CentOS-BaseOS-8 - Media                         無効化
centosplus         CentOS-8 - Plus                                 無効化
centosplus-source  CentOS-8 - Plus Sources                         無効化
cr                 CentOS-8 - cr                                   無効化
extras             CentOS-8 - Extras                               有効化:    15
extras-source      CentOS-8 - Extras Sources                       無効化
fasttrack          CentOS-8 - fasttrack                            無効化
#

そのためインストールするには以下のようにする必要があります。

# dnf install -y --enablerepo=HighAvailability pacemaker corosync pcs

これでCentOS8にPacemakerとCorosync、そしてpcsがインストールされます。

[改訂新版]プロのためのLinuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus)

[改訂新版]プロのためのLinuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus)

中井 悦司
3,278円(11/28 11:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)