パソコン一般

【随時更新】お気に入りソフトウェア

ぼくが作業や検証で使っているWindows/Mac/Linux端末にインストールしているソフトウェアを紹介します。

パケットキャプチャ

WireShark – Windows/Mac/Linux

WireSharkはネットワークのデバッグツールです。最低限パケット構造とプロトコルの知識がないとパケットが流れている事しかわからないと思います。もろにスキルレベルが問われます。

≫公式サイト

WinDump – Windows

tcpdumpのWindows版です。WireShark使えば良いじゃん、という意見もあるかと思いますが、Unixのtcpdumpに慣れてしまうとGUIのWireSharkもCUIのtsharkもどうしても馴染めません。64bit版Windowsでの動作が微妙なのですが、とりあえず使えます。お客さんとかチームメンバーにキャプチャの内容を見せるときはWireSharkの方が良いと思います。

≫公式サイト

疎通確認

ExPing – Windows

複数の通信先に連続してPingを実行できる定番ツールです。

≫公式サイト

スクリーンショット

Screenpresso

最近知ったツールなのですが、スクリーンショットは撮れるし画面操作の録画もできます。簡易編集機能もあって、これば便利だと他のツールから乗り換えています。有料版と無償版があって、普通に使うのであれば無償版でも問題ありません。

≫公式サイト

ScreenToGif

デスクトップの画面操作をGIFアニメで保存できるツールです。簡単な編集機能もあって、だいたいこれで間に合います。

≫公式サイト

WinShot – Windows

デスクトップPCでスクリーンショットを撮る際は、Windows標準機能は使わずにWinShotを使っています。WinShotだとデスクトップ全体もアクティブウィンドウもショートカットひとつで撮れます。連番のファイル名で自動的に指定フォルダへ保存してくれるので助かっています。

≫公式サイト

Snipping Tool – Windows

このツールはマイクロソフト謹製で初めからインストールされているので、別途ダウンロードしてインストールする必要がありません。

≫公式サイト

高DPI環境でもSnipping Toolを使うと撮影範囲がズレる事なくスクリーンショットを撮る事ができます。

ファイル転送

WinSCP – Windows

以前はFTPクライアントといえばFFFTPだったのですが、ここ最近はWinSCPに移行しています。これは好き嫌いなので、何でも良いかと思います。

≫公式サイト

セキュリティ

Masscan – Mac/Linux

Nmap風のコマンドオプションをもつ高速ポートスキャナーです。rateオプションで送信レートを上げると広帯域ネットワークならば高速にスキャン可能です。

Nmapを使うと数時間~数十時間かかるネットワーク範囲でも、広帯域ネットワークでMasscanを利用すると数分で完了します。

≫公式サイト

Nmap – Winodows/Mac/Linux

昔はアングラツールだったのに、今ではすっかり一般にも普及してGUIでも操作できるようになったポートスキャナー。OS判定とかデコイ機能とかステルススキャンとか、モロにアレなツールなのですが、FWの機能確認によく使っています。

≫公式サイト

Netcat – Windows/Mac/Linux

ネットワークのスイスアーミーナイフとも言われる高機能ソフトです。サーバにもクライアントにもなるし、ファイル転送もできるし、バックドアも仕込める。ただ、昔は(今も?)ハッキングで頻繁に使用されていたせいか、ウィルススキャンに引っかかる場合がありますので、業務端末に入れるときは注意が必要です。

オリジナル版

≫公式サイト

GNU版

≫公式サイト

因みに、Nmapをインストールするとncatという名前でNetcatがインストールされます。ですので、Nmapをインストールしているのであれば、別途インストール必要はありません。

sqlmap – Windows/Mac/Linux

WEBアプリケーションを書いているなら、是非sqlmapを使って自身のWEBアプリケーションにぜい弱性がないか調べる事をオススメします。もしくはWEBサイトの管理者ならば、自サイトへsqlmapを使ってぜい弱性がないか調べる事をオススメします。

≫公式サイト

Burp Suite – Windows/Mac/Linux

ときどきBurp Suiteの力を借りてデバッグやバグ探しをします。RepeaterやIntruder、Decoderあたりをメインに利用しています。

無償版と有償版は使える機能面で違いがあります。そのあたりはここにまとめています。

≫公式サイト

recon-ng – Mac/Linux

公開情報源を収集するツールです。主にドメイン情報を収集するために使っています。

Sublist3r – Mac/Linux

サブドメインを検出するツールは数多くありますが、そんな中でもお気に入りなのがSublist3rです。

≫公式サイト

ffuf – Mac/Linux

ffufはぼくのお気に入りのWEB Fuzzerです。適切なワードリストと組み合わせると興味深いディレクトリを発見できる場合があります。

≫公式サイト

 

ターミナルエミュレータ

TeraTerm – Windows

PuTTY(パティ)と並ぶターミナルエミュレータです。一時期はsshの未対応でPuTTYに流れた感はありますが、今のところ日本国内ではTeraTermがデファクトスタンダードの地位を得ています。単なるターミナルエミュレータとして使うならこのソフトウェアでなくてもいいのですが、TeraTermマクロに慣れてしまったのでこのソフトウェアから離れることができません。

≫公式サイト

PuTTY – Windows

「ぷってぃー」ではなくて「ぱてぃ」ですよ。最近、Tera TermだとSSHログインできないという謎な現象に遭遇してPuTTYを併用しています。PuTTYの良いところは、接続するホスト単位で設定を変えられるところです(TeraTerm Menuとはちょっと違う)。

公式サイトで配布されているPuTTYは日本語対応していないので、有志による日本語対応したいくつかの日本語対応版PuTTYのうち、ぼくはPuTTY-ranvisを利用しています。

≫公式サイト

tftpサーバー

3CDaemon – Windows

すでに開発が止まっている上に致命的なセキュリティホール(フォーマットバグ)があるので、作業時のみ使っています。3CDaemonを落とせるサイトがいくつかあるのですが、あまり信用できないので、ぼくは自分のサイトから落としています。使いたい人はこのサイトに置いてあるので、自身の判断で落として使って下さい。

https://netwiz.jp/pub/3cdv2r10.zip

3cdv2r10.zip MD5 (3cdv2r10.zip) = 4822f0189622033bca2c115b2024a254

The industry standard TFTP server – Windows

Ciscoが推奨しているtftpサーバーです。ぼくは3CDaemonからこちらのソフトウェアへ移行しています。

≫公式サイト

差分確認

WinMerge – Windows

差分確認ツールというとDF使用者が多いのですが、ぼくはWinMeargeを愛用しています。差分確認という機能ではDFとWinMerageは大して変わりません。このソフトウェアを愛用している理由は、レポート機能です。詳細は「WinMergeのレポート機能」で紹介しています。

WinMergeのレポート機能差分確認ツールはいくつか存在しますが、ぼくがWinMergeを選択する理由のひとつが、今回紹介する「レポート機能」です。とても便利な機能...

≫公式サイト

エディタ

Notepad++

最近は秀丸からNotepad++に徐々に移行しています。

これまでは主に秀丸エディタを使っているのですが、秀丸エディタが使えない環境もあってNotepad++を使い始めました。使ってみると、さすがプログラマのためのエディタで使い勝手が良いです。

秀丸エディタ – Windows

定番中の定番ですが、いろいろなエディタを散々使ってWindows環境では秀丸エディタに戻りました。フォントはRicty Diminishedを利用しています。

≫公式サイト

MIFES – Windows/Linux

DOS時代から続くエディタで、最近のエディタとしては高価です。

秀丸で大抵は問題ないのですが、複数置換やグローバル置換を行いたいときにMIFESを使用しています。グローバル置換はサブディレクトリを含め特定のディレクトリ配下のファイルに対して一括置換ができる機能です。

≫公式サイト

サクラエディタ – Windows

顧客の端末など有償ソフトウェアにインストール制限のある端末ではサクラエディタを使います。これは定番ですね。

≫公式サイト

開発関連

IDE

Visual Studio Community 2017

昔は考えられなかったのですが、Visual Studio Professional相当の開発環境が無償で提供されています。

≫公式サイト

IntelliJ IDEA – Windows/Mac/Linux

昔はviやemacsでコーディングしていましたが、ある程度の規模になるとIDEに頼って生産性を挙げたくなります。ぼくはIntellij IDEAを愛用しています。

≫公式サイト

逆アセンブラ

IDA Pro – Windows/Mac/Linux

他に高機能な逆アセンブラはないので利用しています。ちょっと高いですが、機能からすれば納得です。

≫公式サイト

公式サイトを見ると個人で購入するのが面倒そうですが、そうでもありません。個人的に購入したい人は下記記事を参照してください。

IDA ProをNamed(個人向け)ライセンスで購入するマルウェア解析ではIDA Proはデファクトスタンダードなソフトウェアですから、その道を目指していたり興味があるのであれば早い段階でID...

デバッガ

x64dbg – Windows

ollydbgは素晴らしいデバッガでしたが、開発がほぼ止まっています。64bitバイナリのデバッグができない点が致命的なため、ぼくはx64dbgへ移行しています。IDA Proと連携する公式プラグインも提供されています。

https://x64dbg.com/

WinDbg – Windows

Windows用のカーネルデバッガといえばWinDbgです。

≫公式サイト

バージョン管理

Tower – Windows/Mac

Windows版のTowerが公開されて以来、ぼくはSourceTreeではなくてTowerをメインに使っています。

Towerは有償ソフトウェアですが、現時点でWindowsとMacに対応していて実用的なGitクライアントソフトウェアはTowerしか思い浮かびません。

≫公式サイト

ミドルウェア

MAMP PRo – Windows

テスト用サーバをVMWareで立てたりしていましたが、ローカルマシンで完結した方が手っ取り早いのでMAMP Proを利用しています。

≫公式サイト

仮想環境

VMWare Workstation – Windows/Linux

VMWareでステージング環境を構築したり開発用Ubuntuを運用しています。ちょっとしたテストをするにはVMWareがあると便利ですね。

セキュリティのテストにもVMWare Workstationは必要で、スナップショット機能が必須なためVMWare Workstationを利用しています。

≫公式サイト

その他

1Password – Windows/Linux

残念なことに未だにセキュリティレベルがパスワードの強度に依存するケースが多いので、ぼくは自分で覚えられるレベルのパスワードは使用しません。

パスワードジェネレータも備えている1Passwordがぼくのお気に入りで、スマホとWindows、Macで使用しています。

≫公式サイト

Clibor – Windows

高機能なクリップボード履歴ソフトです。Cliborを使うと作業効率が上がります。

≫公式サイト

秀丸ファイラーClassic – Windows

ファイラーを散々試してたどり着いたのがこれです。フリーソフト(無償ソフト)も色々と試したのですが、秀丸ファイラーClassicに対抗できるものはありませんでした。ゴリゴリといじると作業効率が超絶アップします。

1,296円はぼくには安すぎるくらいのオススメソフトウェアです。

≫公式サイト

Evernote – Windows/Mac

元々Evernoteユーザーでしたが、最近(2016年末)からJuniperのSRXに関する資料を集めるようになり、家でも電車でも喫茶店でも資料を参照するためにEvernoteが大活躍しております。何よりも検索レベルが高いのが良いですね。プレミアムユーザーになるのがおすすめです。

≫公式サイト

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)