フリーランスエンジニア

インフラエンジニアの年収~年収1000万円を目指す働き方~

IT業界は様々な業種からの転職者が多い特殊な業界です。

最近の傾向として、正社員や派遣社員からフリーランスに転向するネットワークやサーバーのエンジニアが多くなっています。

フリーランスはIT業界では新しい働き方として定着していくのかも知れません。

そして気になるのが年収です。

わたしはフリーランスに転向して年収1000万円を超えるようになりましたが、それまで紆余曲折ありました。そこでこれまでの経験をもとに働き方それぞれのメリットやデメリット、フリーランスの実情をお伝えします。

業務形態ごとのメリット・デメリットと年収

正社員

正社員のメリット

日本の正規労働者は法律で厚く保護されているため、一般的に「雇用が安定している」と言われます。

ここで言う正規労働者とは主に大企業や一部の優良中小企業に勤めている場合を指しています。

中小企業の場合は労働基準法を明らかに遵守していない企業が少なからず存在しており、そのような会社で働いている場合は正社員であっても雇用の安定が期待できませんから注意が必要です(いわゆる肩書きだけ正社員)。

仕事面においては、設計やお金が絡む重要な場面で(教育を兼ねて)正社員を登用する場面が多いため、若いうちからキャリアを積むには大企業の正社員が有利です。

資格の取得においてもCCIEのように受験費用や勉強用機材の調達など個人では難しい資格でも会社からの支援を期待できます。

正社員のデメリット

正社員のデメリットはその会社でしか通用しないような知識や技術しか習得できない場合がある点です。

誰も聞いた事もないようなプロトコルや機能ばかり使い続けていたり、その会社や業界特有のネットワーク構成ばかり扱っていて多様なネットワーク構成を経験できな場合は将来転職をする場合に不利に働きます。

また、中小企業の場合は不当に年収が低くなる可能性があります。

正社員の年収

正社員の年収は会社によってまったく異なります。

概ね500万円前後は期待できますが、少ない方では300万円台、多い方だと800万円くらいです。

派遣社員

派遣社員のメリット

派遣社員は時給で働くため稼働率の高い現場では比較的高い収入を得る事が出来ます。

また派遣会社が積極的に営業活動している場合は空白期間がなく安定して仕事を得る事もできます。

雇用保険への加入や派遣会社が用意した健康保険にも加入できますから、その点では安心できるかも知れません。

そして様々な会社を渡り歩くと設計方法や仕事の進め方を多様に経験できますので柔軟性のあるエンジニアになれる可能性が高くなります。

派遣社員のデメリット

時間給で働くため稼働率が低い現場では収入が減りますし、連休が続いた場合も収入が減ってしまいます。

時給も3000円前後が上限となり、よほど優秀な方でないと高い年収は望めません。

派遣社員の年収

一般的な派遣社員の場合、概ね400~700万円くらいの年収になります。

派遣社員で1000万円の大台に乗るのは厳しいです。

フリーランス

フリーランスのメリット

エージェントを介して仕事を得る場合は安定して高い年収を期待できます。

また、収入源を複数もっている場合は更に高い年収を期待できます。

本やパソコンの購入費、飲み会、家賃を経費として計上できますからうまく節税すれば正社員や派遣社員よりも税金を抑える事ができます。

フリーランスのデメリット

フリーランスは正社員や派遣社員のような保護がありません。

雇用保険も厚生年金もありませんから、お金の面では自分自身できっちり管理し将来に備える必要があります。

納税も自分でおこなう必要がありますから、事務作業が正社員や派遣社員に比べると増えます。

フリーランスの年収

エージェントを介している場合は概ね800~1200万円くらいの年収になり、それ以外に収入源を持っている場合は2000万円を超える方もいます。

エージェントを介して仕事をしていて年収600万円を超えていない場合は不当に高い手数料を取られているか単価交渉に失敗している可能性があるので注意が必要です。

真面目なお金のはなし

年金

正社員や派遣社員の場合は厚生年金に加入できますが、フリーランスは基礎年金のみとなります。

基礎年金では老後収入が不足するためその対策を自らしなくてはなりません。

フリーランスは個人型確定拠出年金(iDeCo)がおすすめ

そんなフリーランスにおすすめなのが個人型確定拠出年金(iDeCo)です。

iDeCoは掛金を自分自身で運用しながら積み立てて原則60歳以降に受け取るしくみです。掛金は毎月5,000円から1,000円単位で選ぶことができ、フリーランスの場合は毎月6万8千円を上限に掛ける事ができます。

積立対象は「投資信託」や「定期預金」が選べますので、投資が怖いという方は定期預金にすれば良いでしょう。

そしてiDeCoがおすすめである最大の理由は掛金をすべて所得控除できる点です。そのため所得税や住民税を低く抑える事が可能となります。

健康保険

正社員や派遣社員であれば家族を含めて会社の健康保険に加入できますが、フリーランスは基本的に国民健康保険に加入します。

フリーランスは国民健康保険の負担が高い

国民健康保険に加入する場合、年収が1000万円近くになると年間の負担額は90万円を超えます。家族がいる場合は年間の負担額が100万円を超えますから、国民健康保険の負担はとても重くのしかかります。

実はフリーランスもIT系フリーランス向けの団体保険に加入できるのですが、その場合はiDeCoの掛金上限が下がります。

iDeCoによる節税効果とどちらが負担が減るのか計算すると良いでしょう。

税金

正社員や派遣社員の方は自分がどれくらい税金を納めているのか知らないかも知れません。

しかしフリーランスになると嫌でも税金について気にするようになります。

所得税や住民税、売上高が1000万円ある方は消費税も納める必要があります。

これらの税金は年収が1000万円近くあると驚くような高額になるため、節税知識は必須です。さきほどiDeCoについて紹介しましたが、節税方法について知っているか否かで納める税金額に数十万円(場合によっては100万円以上)もの差がでてしまいます。

インフラエンジニアの年収1000万円を超えるにはフリーランスが現実的

正社員で年収1000万円を稼ぐIT系エンジニアはそう多くありません。大企業の場合、課長レベルでは良くても800万円くらいです。

ましてや20代で1000万円となると正社員では相当厳しいでしょう。

ですから20代・30代の若さで年収1000万円を得るのであればフリーランスを選択する方法が現実的です。

ただし、フリーランスには向き不向きがあって、収入が低くても正社員という肩書きを持ち続けたいという方は正社員のまま働いた方がストレスもなく長く働けるはずです。

技術的な探究心が強く新しい事を学ぶのに抵抗がない方や上昇志向の強い方は自分の市場価値を高める努力をし続ける事ができる方でしょうから、フリーランスとして働き高収入を得る可能性が非常に高いはずです。

IT系フリーランスの場合は優秀なエージェントをつければ半分は成功です。

たとえば30年以上の歴史がありこの業界では老舗の「PE-BANK」やサポートが充実している「エミリーエンジニア」あたりはおすすめです。

わたしは「PE-BANK」と実際に契約した事がありますが、ここはマージンが低いので高収入を目指すのであればおすすめです。元は協同組合から始まった会社ですから、サポートは厚い方でしょう。

良いエージェントを見分けるコツ

わたしも様々なエージェンから仕事の紹介を受けてきたお陰でエージェントを見分けるコツが分かっています。

同じ仕事でもエージェントによって収入がまったく異なる場合がるので注意が必要です。次のようなエージェントは避けた方がいいです。

  • 平行営業を禁止してくる
  • 税込み価格で報酬額を提示してくる

まず、自分のところ以外の会社で営業活動する事を許可しないなどと言う会社は取引しない方が良いです。そのようにフリーランスの営業活動が不利になるような事を平気で言ってくるエージェントは後々振り回される可能性がありますから関わらない方が良いです。

次に税込み価格で報酬額を提示してくる会社は、すべてとは言いませんが注意した方が良いです。

税込みの場合は消費税率が上がると実質単価が下がります。フリーランスになったばかりで税金の知識がない場合は税抜きと税込みの違いを気にしない方が多く、そのような知識不足につけ込むエージェントが少なからず存在しますから注意してください。

福利厚生があるとなお良し

基本的にフリーランスには福利厚生などないのですが、最近のエージェントは差別化を図るために契約しているフリーランスに対して福利厚生を提供しています。

さきほど紹介した「PE-BANK」やサポートが充実している「エミリーエンジニア」は様々な補償制度や健康診断の補助といった福利厚生を提供しているので、個人で運営しているような小さなエージェント会社ではなく大手のエージェントを利用した方が良いです。

まとめ

他業種からの転職が多いIT業界ですが、離脱する人が多いのも事実です。

ある程度の適性とやる気、スキルがあれば大きな収入を得ることができる業界でもあるので、これからIT業界に進もうという方はどのようなキャリアを目指すのか早い段階で考えた方が良いでしょう。

業界歴3~5年くらいからフリーランスとしても通用すると思いますから、大きく年収1000万円くらい目指すのであれば挑戦してみては如何でしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)