インフラ

【厳選】インフラエンジニアおすすめアイテム 100選

検証作業や構築作業、あるいはデータセンターで作業する際に持っていると役に立つであろうお気に入りアイテムをご紹介します。

一度にぜんぶ揃える必要はなくて、その都度必要に応じて揃えていくと自分なりの道具箱ができあがるのではないかと思います。

インフラエンジニア向けおすすめアイテム

コンソール接続時に使うアイテム

わたしはネットワーク機器とRJ45シリアルケーブルを直結する事はありません。というのも、それをやるとRJ45シリアルケーブルのツメが折れてしまうからです。それに直結すると長さが足りず機器から離れて作業する事もできないので、RJ45シリアルケーブルに延長コネクタを接続してツメを保護しつつ、LANケーブルを延長コネクタとネットワーク機器間に接続しています。

このやり方は結構おすすめです。

USBシリアルケーブル

iBUFFALO USBシリアルケーブル(USBtypeA to D-sub9ピン)1.0m ブラックスケルトン

ネットワークエンジニアの物理作業で必須なUSBシリアルケーブル。同様の製品が様々なメーカーから発売されていますが、わたしは10年以上iBUFFALOしか使っていません。他のメーカー製品で痛い目にあって以来iBUFFALO一択です。この製品はWindows/Mac/Linuxで利用できる点が素晴らしいですね。通常は2本あれば十分ですが、わたしは6本所有しています。

RJ45シリアルケーブル

RJ-45 DB-9 シリアルケーブル

RJ45シリアルケーブルは最低でも2本は持っておきたいです。わたしは複数台を同時操作する事があるため6本所有しています。ツメが折れやすいので、LANケーブル延長コネクタで保護してください。ツメが折れたRJ45シリアルケーブルは作業時にトラブルの元となります。

 

延長コネクタ

UGREEN LANケーブル 延長コネクタ cat7 cat6 RJ45 中継コネクタ ギガビット対応

これはいくつも持っていると重宝します。ネットワーク機器にRJ45シリアルケーブルで接続する際はRJ45シリアルケーブルのツメを保護する目的で常に延長コネクタを付けたままにしています。

短いLANケーブル

エレコム LANケーブル 0.15m 爪折れ防止コネクタ

RJ45シリアルケーブルに延長コネクタを接続しておき、ネットワーク機器~延長コネクタ間を15センチ程度のLANケーブルで接続しています。ネットワーク機器と作業端末が離れてしまう場合はもっと長いLANケーブルを接続すれば良いでしょう。

 

カバンの中に入れておくと便利なアイテム

巻き取り式のLANケーブル

エレコム LANケーブル 2.5m ツメが折れない 巻取 CAT6

ネットワーク機器のマネージメントポートに接続したり作業時にノートパソコンとハブを接続するときに使います。LANケーブルはカバンの中で絡まるので巻き取り式のLANケーブルを持っていると重宝します。わたしは最低でも2つはカバンに入れています。

安いスイッチングハブ

BUFFALO バッファロー 10/100Mbps対応 プラスチック筺体 AC電源 5ポート ブラック スイッチングハブ

複数人数で作業するときなど、ハブをひとつカバンに忍ばせておくと役に立つ事が多いです。

わたしはカバンの中のスペースが空いている場合はハブを入れています。この製品は安いのでお手頃ですが100Mbpsしか出ません。

高性能なスイッチングハブ

NETGEAR スイッチングハブ ギガビット 8ポート 金属シャーシ VLAN QoS IGMP ファンレス静音設計 省エネ GS108E-300JPS

安いハブでも良いのですが、1000Mbpsで接続したかったりVLANを使いたい場合はNETGEARの製品をカバンに入れます。デザインも良くてわたしはこのスイッチングハブが結構気に入っています。

狭いところもこれで安心

KTC(ケーテーシー) 板ラチェット差替えドライバーセット

ラック作業時、狭くて通常のドライバーが使えない場面に遭遇した事はありませんか?

そういう時に活躍するのがこれです。出番が多いわけではないのですが、いざという時に役に立つのでひとつカバンに入れておくと良いでしょう。

マジックテープ

マジックテープ バンド 結束バンド 11mx15mm

検証時にLANケーブルがまとわりつくと作業効率が落ちるのでキレイにまとめています。データセンターでの作業時においても、ささっとケーブルをまとると便利な事が多いのでカバンにひとつ忍ばせておくと良いでしょう。

 

インシュロック+ニッパー

インシュロック 100本入

マジックテープの他にインシュロックを持っていると便利です。データセンター作業でケーブルを束ねる際に役立つのでわたしは必ずカバンに入れています。

とりあえず100本入りを買っておけば当面困ることはないと思います。

インシュロックはハサミで切断するのは絶対に止めましょう。

アネックス(ANEX) ステンレス製ラバーグリップニッパー

わたしは兼古製作所(Anex)のニッパーを愛用しています。小型で切れ味が良く手頃な価格なのでおすすめです。

ニッパーを持っていると大抵のものは切断できるのでカバンにひとつ入れておくと便利です。

ビニールテープ+ハサミ

ビニールテープ

物理作業時に活躍するのがビニールテープです。わたしは2,3色カバンに忍ばせています。

検証時にホスト名を書き込んで機器に貼り付けたり、ケーブルタグ代わりに使ったりしています。また、本番作業時に抜線・結線するケーブルに貼り付けて作業ミスがないようにしています。このときテープを色分けしておくと便利なのでわたしは複数色のテープをカバンに忍ばせています。

ミドリ ハサミ XS コンパクトハサミ

マジックテープやビニールテープを切るときに便利なコンパクトハサミ。刃の部分にカバーが付いているタイプだとカバーを紛失してしまう可能性があるので持ち歩きません。これは刃をスライドさせて収納できる安心安全設計です。デザインも良くて気に入っています。

トラベルポーチ

サンワダイレクト トラベルポーチ ガジェットポーチ

はじめは旅行用に購入したのですが、データセンターへ行くときに小物入れとしてこのトラベルポーチを持って行ったら思いの外使いやすかったので、それ以来インフラ作業時の小物入れとして活躍しています。

コンパクトで収納性があり、デザインも良いのでお気に入りです。

クロス↔ストレート変換

エレコム ストレート クロス変換コネクタキット

最近はストレートやクロスを気にせず接続できる環境が整っています。大抵はストレートケーブルがあれば事足りるでしょう。

しかしクロスケーブルでないと接続できない事があります。そういう場合に備えてこれをひとつカバンに忍ばせておくと役に立ちます。小さくて邪魔にならないし安いのでひとつ持っていると良いでしょう。

カバン

インフラ作業時のカバンは基本的にTUMIしか使いません。

収納力抜群、エンジニア御用達のバッグ

トゥミ(TUMI) ブリーフケース 2603141D

TUMIのバッグは種類が多くて似たデザインのカバンが多いのですが、マチがバカっと大きく開くこのタイプがおすすめです。というのも、マチが開かないタイプは見た目ほど収納力がないからです。

定価で買うと7万円くらいしますが並行輸入であれば比較的手の届きやすい価格です。長く使えるのでカバン選びに迷ったらこのタイプがおすすめです。

普段使いにもOKな万能バッグ

ラップトップ・ブリーフ

ブリーフケース 2603141Dは収納力は抜群ですが重たいので、荷物が少ないときはこのバッグを使っています。普段使いにも良いですし、ノートパソコンと書類だけ持ち歩けば十分なときはこのカバンを使っています。

大型のノートPCでも十分入るサイズなのでMacBook Proを持ち歩く方にもおすすめです。

番外編

インフラエンジニアとはまったく関係ないのですが、仕事やプライベートでお気に入りのアイテムをご紹介します。

PC周辺機器

こだわりのキーボード

HHKやREALFORCEを何台買ったかわからりません。とにかくキーボードだけはこだわっています。わたしは極端なまでにキータッチがソフトなので荷重の大きいキーボードは指が痛くなっていけません。


東プレ REALFORCE SA R2 テンキーレス 静音/APC機能付き 日本語 静電容量無接点方式 USB 荷重30g 昇華印刷(墨) かな表記なし ブラック R2TLSA-JP3-BK

現在windowsマシンで使っているのが、このREALFORCE SA R2です。全キー荷重30gが特徴です。可変荷重のキーボードはわたしには合いません。どのキーも揃って30gでないとダメです。このキーボードを使うと一日中キーを打っていても疲れることがないので、プログラマーの方や文字入力が多い方におすすめです。

東プレ REALFORCE SA for Mac キーボード ブラック R2SA-JP3M-BK

現在iMacで使っているのが、このREALFOCE SA for Macです。ついにMac用のREALFORCEが出ました。このキーボードも全キーの荷重が30gでとても打ちやすいです。このキーボードのメリットのひとつはE/Jキーがあることです。MacからRDPやVMWareでWindowsを使うと日本語変換のキーがWindowsと異なり困ることがあったのですが、このキーボードを使えばWindowsを利用している際にE/Jキーで全角/半角切り替えができます。便利!

いまだからこそトラックボール

SlimBlade Trackball 72327JP

わたしはゲームをするときくらいしかマウスを使わず、Windowsで作業する際は常にこのトラックボールを利用しています。マウスだと一日中使っていると腕が痛くなるのでいけません。トラックボールだと指先ひとつでカーソルを移動できますし、玉を思いっきり転がせば早く移動します。このトラックボールの面白い点はスクロールする際に玉を横に転がす事です。カリカリと小気味良い音がして気持ち良いですよ。おすすめです。

集中したいときに最高

若い頃は音楽をガンガン聴きながらコーディングしていたのですが、最近は音楽を聴きながら作業することはめっきり減りました。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II

たまに自宅で集中したいときにヘッドフォンを使うのですが、今のところこのヘッドフォンが最高です。ノイズキャンセリングがかなり効くので装着しているだけで周りの音が聞こえなくなります。

音質も好みなので音楽を聴きたいときはiMacとペアリングして効いています。やはりワイヤレスは良いですね。音も良いしノイズキャンセリングも良い感じだし、作業用のヘッドフォンを探している方には結構おすすめです。デザインも落ち着いていて良い感じです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)