Zabbix5をCentOS8にインストールする

前提条件

  • SELinuxはdisabledに変更済み
  • firewalldは停止している
  • httpdはインストール・自動起動設定済み
  • MySQLサーバはインストール・自動起動設定済み

Zabbix5インストール

Zabbixダウンロードサイトへアクセスし、自分の環境に合わせてインストールをおこないます。

Zabbixダウンロードサイトへアクセスしたら自分の環境に合わせて以下の項目をクリックして選択します。

  • ZABBIX VERSION
  • OS DISTRIBUTION
  • OS VERSION
  • DATABASE
  • WE SERVER
自分の環境に合わせて選択する

適宜選択すると以下のようにインストールするためのコマンドが生成されるのでコピーしてサーバ上でコマンドを実行します。

インストールするためのコマンドが生成される

表示されたとおり以下のコマンドをroot権限で実行しました。

rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm

dnf clean all

dnf install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-apache-conf zabbix-agent

今回はMySQLを選択しているのでMySQLサーバをインストールしrootパスワードも設定しておく必要があるので注意してください。

そして以下の指示通りデータベースを作成します。

Zabbix用データベースを作成するコマンドが表示されている
[root@centos8 ~]# mysql -uroot -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 10
Server version: 8.0.17 Source distribution

Copyright (c) 2000, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
Query OK, 1 row affected, 2 warnings (0.00 sec)

mysql> create user zabbix@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> quit;
Bye
[root@centos8 ~]#

引き続きテーブルの作成をおこないます。

テーブルを作成するコマンドが表示されている
[root@centos8 ~]# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix
Enter password:
[root@centos8 ~]#

そしてDBパスワードをZabbixの設定ファイルに記述します。ファイルは「/etc/zabbix/zabbix_server.conf」です。

### Option: DBPassword
#       Database password.
#       Comment this line if no password is used.
#
# Mandatory: no
# Default:
# DBPassword=
DBPassword=password

次にタイムゾーンを設定します。ファイルは「/etc/php-fpm.d/zabbix.conf」です。

最終行に以下の設定がコメントアウトで記述されています。

; php_value[date.timezone] = Europe/Riga

これを以下のように変更します。

php_value[date.timezone] = Asia/Tokyo

最後にプロセスを再起度して自動起動を有効化します。

systemctl restart zabbix-server zabbix-agent httpd php-fpm
systemctl enable zabbix-server zabbix-agent httpd php-fpm

エラーなく再起動できたらWEBブラウザで接続します。

接続先:http://サーバIP/zabbix/

この後は初期設定ですので、適宜設定をおこなってください。

初期設定が終わるとログイン画面が表示されるのでユーザー名「Admin」パスワード「zabbix」でログインできるはずです。

Zabbixログイン画面

ログインすると無事Zabbixのダッシュボードが表示されます。

Zabbix5のダッシュボードが表示される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)