IT

インフラエンジニアがiPadを仕事でも使ってみた感想

iPad OSになってiPadもだいぶ使い勝手が良くなりました。

この記事もiPad Pro 11インチで書いているのですが、ストレスは特にないです。

ぼくがiPadに求めるものは次のような事です。

  • OpenVPNが使える
  • SSHクライアントが使える
  • Visioファイルが開ける
  • エクセルが使える
  • エクセルをPDF化できる
  • zip圧縮/展開ができる

結論から言うとすべてできます

OpenVPNは「OpenVPN Connect」というアプリが使えます。SSHについては、ぼくが昔購入した「Prompt」というアプリが未だに更新されていてダウンロードもできる状態だったので使っています。もしかしたら良いアプリが他にあるのかも知れませんが、今のところPromptで満足しています。

Visioビュアーは用意されていますしエクセルもご存知の通り普通に使えます。エクセルのエクスポート機能でPDF化も簡単です。

zipの圧縮や展開も標準のファイルエクスプローラから実行できますが、ぼくは「Documents」というアプリを使っています。このアプリはリモートサーバを登録できるので、保守用のサーバやエックスサーバ、DropBoxを登録しています。これ、本当に便利ですよ。

↓こんな感じで色々なアカウントを追加できます。

あとはメーラーとして「Spark」を使っています。Sparkは有名なメーラーなので皆さんもご存じかと思います。

iPadを使っていて良かったと思った点

SIMを挿せばiPadならどこでもネットに繋がるのが良いですね。SIMが使えるノートPCも発売されていますが、iPadならばぼくのようにiPhoneの回線契約に月額1000円で回線シェアできるのでお得です。

次にペン入力ができる点が素晴らしい。仕事で資料のやり取りをしているときにペンでササっと赤入れしたり、説明用の図をサクッとその場で描けるので重宝しています。スクリーンショットを撮ってペンで説明などを書き込んでメールに添付して送るなんてサクサクできるので、これはPCでは味わえなかった感動です。

そして純正のキーボードが思いのほか使いやすい。こんな薄っぺらいキーボードってどうなの?って思っていたのですがビックカメラで触ってみたらとても使いやすかったので、その場で買ってしまいました。ソフトウェアキーボードで良いやと思っていた時期もありましたが、これは買って損はないと思います。

これができれば最高なのに!という点

インフラエンジニアはログが命です。スクリーンショットはPCよりも簡単に撮れるから良いのですが、問題はターミナルログです。

ぼくが使っているPrompというアプリはターミナルログが取れないようなのですが、他のアプリはどうなのでしょうか?もしもターミナルログを取得できるアプリをご存知の方がいらっしゃいましたら、ぼくに教えて欲しいです。

今はどうやって対処しているのかというと、踏み台サーバでscriptコマンドを実行してから各ネットワーク機器にログインするようにしています。ちょっと面倒です。

まとめ:iPadは仕事でも使える!

iPadは事務処理でエクセルを使うにしても問題ないし、インフラのお仕事にも問題なく使える。

以前はiPadをただの大きなiPhoneくらいに捉えていたのですが、iPadは想像以上に使えます。MacBook Proも好きなのですが、ペン入力が便利すぎてぼくにはタブレットであるiPad Proの方が好みかなーと思っています。

Macに慣れているのであればショートカットがiPadでも同様に使えるので、iPadが想像以上に快適に使えるようになると思います。