手頃な価格で始められるレンタルサーバーは?|WordPressを動かすときの注意点

レンタルサーバーを契約するときに気になるのは「お金」の話だと思います。

レンタルサーバーは使っている間はずっと費用を払い続ける必要があるので、できれば安く利用したいと思うのは当然です。

この記事ではお手頃価格で利用できるレンタルサーバーの紹介と、WordPressを利用する際の注意点について解説したいと思います。

価格の安いおすすめレンタルサーバー

お手頃価格で利用できる初心者向けのレンタルサーバーは『さくらのレンタルサーバ』と『ロリポップ!』のふたつです。

どちら初心者から上級者までさまざまな方に利用されており、とても人気のあるレンタルサーバーです。

月額524円から始められる『さくらのレンタルサーバ』

【公式サイト】https://rs.sakura.ad.jp/

個人向けの低価格なレンタルサーバーといえば『さくらのレンタルサーバ』です。一番安いプランは「ライト」プランで、その次に安いプランが「スタンダード」プランとなっています。

支払い方法は毎月支払う「月額」と毎年払う「年間一括」の2種類ありますが、「ライト」プランについては「年間一括」しか選ぶことができません

一番安いのは「ライト」プランですが、WordPressの利用を考えている方はちょっと待ってください。さくらのレンタルサーバでWordPressを利用する場合は「スタンダード」プラン以上を選択する必要があります

「ライト」プランではWordPressを動かすために必須のデータベースを使うことができません。そのためWordPressを利用する場合はデータベースを利用可能な「スタンダード」プラン以上を選ばなくてはいけないんです。

一般的なWEBサイトであれば「スタンダード」プランで十分ですので、まずは2週間の無料お試し期間を利用してみて、物足りなければ「プレミアム」プランを選択すると良いでしょう。

無料お試し(公式サイト)はこちら

月額99円から始められる『ロリポップ!』

【公式サイト】https://lolipop.jp/

個人向けの低価格なレンタルサーバーの中でさくらのレンタルサーバと並んで人気があるのが『ロリポップ!』です。

支払い方法は「1ヶ月」「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」「24ヶ月」「36ヶ月」の中から契約期間を選び、契約期間が長くなるほど月額料金が安くなる仕組みです。

たとえば一番安いプランである「エコノミー」では「36ヶ月」契約にすると月額料金が99円という驚異的な安さになります。

しかしさくらのレンタルサーバと同様にロリポップ!の一番安いプラン「エコノミー」はデータベースに対応していないためWordPressを動かすことができません

ロリポップ!』でWordPressを利用するには「ライト」プラン以上を選択する必要があります。

ロリポップ!』は「ハイスピード」プランを除いて初期費用が必要ですが、契約期間を長くすると月額料金がグッと下がります。

エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
初期費用1,650円1,650円1,650円0円3,300円
1ヶ月132円440円880円1,320円2,530円
3ヶ月132円418円770円1,210円2,530円
6ヶ月132円385円715円990円2,200円
12ヶ月132円330円660円825円2,200円
24ヶ月132円275円550円770円2,200円
36ヶ月99円220円440円550円2,200円

一般的なサイトであれば「ライト」プランで十分ですので、まずは10日間の無料お試し期間を利用してみて、物足りなければ「スタンダード」プラン以上を選択すると良いでしょう。

無料お試し(公式サイト)はこちら

レンタルサーバーを賢く選ぶコツ

ここで初心者の方に向けて賢くお得にレンタルサーバーを決めるコツをご紹介したいと思います。

ほとんどのレンタルサーバーには無料お試し期間があります。

ですから、まずは無料のお試し期間を利用して使い勝手が悪くないかチェックしましょう。サーバーの性能がよくても使い勝手が悪いとストレスがたまります。これから長く使うことを考えて自分に合ったサービスかチェックしてください。

使い勝手が悪くなければWordPressを動かした際に重たくないか、表示速度が遅くないかチェックしましょう。ただし、この段階でWordPressが重たく感じることはないはずです。

どのプランを選ぶか?については、最初は安いプランを選んでおいて人気ブログになったらもう少し高いプランに移行するという手も良いでしょう。

わたしの個人的な経験では、少し余裕を持ったプランにしておいた方が良い場合が多くあります。余裕を持たせておけば急にアクセスが増えても問題なくWEBサイトは表示されますので、ある程度余裕を持たせるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)