Python3を使ったファイル転送方法まとめ

知っていると便利なPython3を使ったファイル転送方法のまとめ記事です。

LinuxはもちろんWindowsでも同様に使えます。

HTTP

インストール

インストール不要

使い方

python3 -m http.server [Port] [-d <Dir>]

ポート番号を指定しない場合は8080/tcpでリッスンします。ポート番号を指定したい場合は python3 -m http.server 80 のように-p オプションでポート番号を指定します。

公開するディレクトリを指定する場合は python3 -m http.server -d /tmp/wwwのように -d オプションでディレクトリを指定します。

FTP

インストール

python3 -m pip install pyftpdlib

使い方

python3 -m pyftpdlib [ -w ] [-p <Port>] [ -d <Dir> ] [ -u <User> ] [ -P <Password> ]

オプションを指定しない場合、2121/tcpでリッスンします。ポート番号を指定したい場合は python3 -m pyftpdlib -p 21 のようにします。

また、アップロードしたい場合は -w オプションを付けて書き込み権限を与えます。

公開するディレクトリを指定する場合は python3 -m pyftpdlib -d /tmp/ftp のように -d オプションでディレクトリを指定します。

ユーザー名を指定しない場合は「anonymous」でログインできます(ユーザー名とパスワード両方)。

ユーザー名とパスワードを指定したい場合は -u オプションと -p オプションを使います。

TFTP

インストール

Cisco機器のバージョンアップ時によく使われるtftpもPython3で実行できます。

python3 -m pip install py3tftp

使い方

python3 -m py3tftp [ -p <Port> ]

オプションを指定しない場合、9069/udpでリッスンします。ポート番号を指定したい場合は python3 -m pip install py3tftp -p 69 のようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)