【目的別】おすすめのレンタルサーバーと選び方。ブログからアプリサーバーまで徹底比較

レンタルサーバーと一口に言っても目的によって選択するサーバーは変わってきますので、目的別におすすめのレンタルサーバーを 御紹介 します。

ちなみに、すべて自分で使ったことがある、あるいは使っているサーバーを紹介しているので御安心ください。

タップできる目次

無料のレンタルサーバーと有料のレンタルサーバーのどちらが良いのか

レンタルサーバーには無料で使えるものと有料で使えるものがあります。

どちを使うかは個人の自由ですが、要は目的によって変わります。

日記を公開したいとか何か情報発信をしたいという方は無料でも有料でも良いと思います。無駄なお金を使いたくないという方は無料のサービスを使うべきです。

AdSenseやアフィリエイトで収益化したいという方は有料のレンタルサーバーが必要となるはずです。というのも、無料のレンタルサーバーでは独自ドメインが使えないのでサイトの収益化は厳しいでしょう(たぶん審査に通らない)。

収益化を目的とする場合は必要経費だと思って有料のレンタルサーバーを使ってください。

レンタルサーバーは3種類ある

レンタルサーバーをご紹介する前にレンタルサーバーの種類について解説します。

既に知っているよ、という方は読み飛ばしてください。

レンタルサーバーには大きくわけると3種類あります。

  1. 共有サーバー
  2. 占有サーバー
  3. VPS

共有サーバーはいわゆるレンタルサーバー

いわゆるレンタルサーバーというのは共有サーバーです。

これは複数の利用者がひとつの物理サーバーを共有するものです。最近のサーバーは高性能なのでひとりで使ってもリソースを持て余しますから、みんなで使おうというものです。

みんなで使うので利用料金は安くなります。その代わり管理者権限が使えないので、自由度は下がります。

自由度は下がるといってもWordPressなどはインストールできますから、通常は共有サーバーで問題ありません。

共有サーバーでできること

共有サーバーを使えば日記サイトやWordPressを使ったブログサイトを公開できます。

CGIやPHPを使った動的サイトも作れますから、いわゆる普通の個人サイトと呼ばれるものは共有サーバーで作れるでしょう。

共有サーバーでできないこと

共有サーバーは管理者権限がないのでOSの設定はできません。またサーバーのインストールもできないので、ゲームサーバーにしたりPytyhonやRubyを使って自分で開発したアプリを動かすというのも難しくなります。

占有サーバーはサーバー丸ごと1台使える贅沢サーバー

占有サーバーは共有サーバーの反対で、ひとりでサーバー丸ごと1台使えます。

そのため管理者権限もついてくるのでOS設定をしたりサーバーインストールも自由です。その代わり値段が高くなるので注意が必要です。

何か問題が起きたら全部自分で対処しないといけないので、専門知識がない方は占有サーバーを使う事は難しいでしょう。

占有サーバでできること

占有サーバーを使えば何でもできます。その代わり自分でサーバーの面倒をみないといけないので大変ですよ。

占有サーバーは金融系で他のユーザーとサーバーを共有したくない(できない)といった場合など、多くは業務目的で利用されるので個人ユーザーには縁が無いと思って差し支えありません。

占有サーバーでできないこと

基本的にできない事はないです。自己責任の範囲で何でもできます。

VPSは共有サーバーと占有サーバーのいいとこ取り

VPSは仮想サーバーを丸ごと使えるサービスです。

物理的な1台のサーバーにたくさんの仮想サーバーをつくり、その中の1台の仮想サーバーを丸ごとレンタルできるものです。

占有サーバーのように管理者権限が付いてくるためOSの設定など好きに使えますが、物理サーバー自体は複数の利用者で共有するので利用料金は安くなります。

VPSでできること

サーバーリソースを大量に使って負荷をかけない限り何でもできます。

一般的なブログを公開するのはもちろん、RubyやPythonでつくったアプリだって動かせます。

Windowsサーバーを安く使えるのもVPSの魅力です。

VPSでできないこと

VPSは仮想サーバーなのでハードウェアの構成を変える事はできません。コア数を変えたりメモリ量を変える程度はできますが、自前のハードウェアを追加するといった事はできません。

そこまでするならば占有サーバーを使う必要があります。

レンタルサーバーの種類まとめ

やりたいこと共有サーバー占有サーバーVPS
nginxやApacheをインストールしたい×
自前のアプリを動かしたい×
WordPressでブログを公開する
Linuxの勉強をしたい×
Windowsサーバーの勉強をしたい×
FXの自動売買をしたい×
アフィリエイトで稼ぎたい
自前のハードウェアを搭載したい××
レンタルサーバーでできること・できない事

このように占有サーバーとVPSなら何でもできます。

だったら安いVPSを使えば何でもできるのでは?と思いがちですが、VPSにはVPSの問題というか特徴もあるので共有サーバーの方が良い場面があるんです。

次からその辺りの解説がはじまります。

これからWordPressでブログを作りたいが難しい事はよく分からない初心者向けのおすすめレンタルサーバー

これからWordPressでブログを始めたい初心者の方は共有サーバーを選びましょう。

初心者はエックスサーバーを選んでおけばOK

おすすめの共有サーバーは「エックスサーバー」です。エックスサーバーは上級者が好む傾向があるのですが、初心者が使ってはいけない理由はありません。エックスサーバーを選んでおけば失敗がないのでむしろ初心者向けです。

エックスサーバーのメリットは国内最速のサーバーなので動作が遅いという不満がない点です。そして、もしもあなたのブログが大当たりしてPVがうなぎ登りになってもエックスサーバーのスペックであれば数十万PVでも安定して動作するので安心です。

WordPressの引っ越しは面倒で失敗のリスクもあるので、最初からエックスサーバーを使っておいた方が良いとわたしの経験から言えます。

また、エックスサーバーは2021年10月7日に高速サーバーの導入を行い、従来比で3倍の処理速度を実現しました。現時点でエックスサーバーを超える処理速度を実現している共有サーバーはないでしょう。

そして注目なのは「リソース保証」機能です。共有サーバーの弱点は他の利用者によるリソースの占有です。それによりサーバー全体のパフォーマンスが落ちるため、運悪くリソースを大量に消費する利用者が共有サーバーにいるとサイトのレスポンスが落ちてしまいます。

しかし「リソース保証」によって利用者に割り当てられる仮想CPUのコア数とメモリ量が保証されるようになりました。これによってサーバーの信頼性が増しています。

エックスサーバーが高速化技術を導入し処理性能が従来比3倍以上に!他社を圧倒するWordPress最速スピードへ。リソース保証とリソースモニターの利用も開始

エックスサーバーならWordPressが一発でインストールできるので初心者にもやさしい

しかもエックスサーバーは「簡単インストール」というWordPressを一発でインストールできる機能があるので大変便利です。

このサイト(netwiz.jp)もエックスサーバーで運用していますし、大規模な有名サイトもエックスサーバーで運用されている事が多いので、エックスサーバーを選んでおけば間違いありません。

国内最速のサーバーなのに値段は手頃です。

契約期間スタンダードプレミアムビジネス
1ヶ月1,100円2,200円4,400円
3ヶ月1,100円2,200円4,400円
6ヶ月1,100円2,200円4,400円
12ヶ月1,100円2,200円4,400円
24ヶ月1,045円2,090円4,180円
36ヶ月990円1,980円3,960円
エックスサーバーを自動更新する場合の価格

10日間は無料体験できるので、一度使ってみる事をおすすめします。

TRY NOW

エックスサーバーの10日間無料体験はこちらから

WordPressで稼ぐサイトを作りたい方向けのおすすめレンタルサーバー

Google AdSenseやアフィリエイトで稼ぎたい方も共有サーバーを選びましょう。

稼ぎたい人ほどエックスサーバーを選ぶべき

稼ぎたい人こそ 「エックスサーバー」 を使って欲しいです。

国内最速のサーバーな点と、シェアナンバーワンである点、24時間対応してくれるサポート体制はネットで稼ぎたい人には必須の条件です。

ネットで稼いでいる大手のサイトは大抵エックスサーバーを使っているので、信頼感は抜群です。

サイトのHTTPS化もボタンひとつで簡単に設定できるので(しかも無料)、サイトの収益化を考えている方はエックスサーバー一択で良いと思います。

しかも一番安いプランであるスタンダード(旧 X10)が月額1,100円で使えるのが魅力です。月間100万PVを超えるサイトでも作らない限り スタンダード(旧X10)プランで十分です。

エックスサーバーには スタンダード(旧 X10) 、プレミアム(旧 X20)、ビジネス(旧 X30)プランがありますが、スペックはどれも一緒で転送量やディスク容量、利用できるDBの数が異なるだけです。48コアCPUに512GBのメモリを搭載したサーバーで運用しているので処理速度に問題が出ることはないでしょう。

約期間X10プランX20プランX30プラン
1ヶ月1,100円2,200円4,400円
3ヶ月1,100円2,200円4,400円
6ヶ月1,100円2,200円4,400円
12ヶ月1,100円2,200円4,400円
24ヶ月1,045円2,090円4,180円
36ヶ月990円1,980円3,960円
エックスサーバーを自動更新する場合の価格

10日間は無料体験できるので、一度使ってみる事をおすすめします。

TRY NOW

エックスサーバーの10日間無料体験はこちらから

自分で作ったアプリを動かしたい方向けのおすすめレンタルサーバー

自前のアプリを動かすならばVPSが良いでしょう。

さくらのVPSがお手頃価格でおすすめ

VPSを使うならば「さくらのVPS」が絶対おすすめです。

わたしもVPSはいくつか触ったのですが、さくらのVPSが一番価格が手頃で安定している上に自由度も高いのでおすすめです。

nwtools.netwiz.jpはRuby on Railsで開発したのですが、これはさくらのVPSのメモリ512MBの一番安いプランで運用しています。月額600~700円くらいで使えますよ。

UbuntuだけでなくFreeBSDなんかも標準で用意されていますし、自前のisoを使ってインストールする事ができます。

簡単なアプリならば一番安いプランで十分ですし、サーバースペックが必要になったらスケールアップできます。

さくらのVPSは14日間無料体験できるが注意点もある

さくらのVPSは14日間まで無料体験できるので気になる方は使ってみてほしいです。

注意点として無料体験中は帯域制限があります。なんかSSHがプチプチ切れるなーと思ったら無料体験期間中のせいだった、という事がありました。

それと、14日が過ぎると自動的に本契約に切り替わりますが、本契約になると3ヶ月間の縛りがあり3ヶ月間は解約できなくなりますから、無料体験が終了するまでに本当に使い続けるのか決めておく必要があります。

TRY NOW

さくらのVPS 14日間無料体験はこちらから

FXの取引をしたい方向けのおすすめレンタルサーバー

レンタルサーバーでFXの取引をしたい方は海外FXなどで自動売買をしたい方だと思います。MT4やMT5をインストールするならばWindowsが必要になりますよね。

さくらのVPSでWindowsサーバーを使うのがおすすめ

そんなときは「さくらのVPS for Windows Server」がおすすめです。

実はわたしもさくらのVPSでWindowsサーバーを2台契約しています。1台はFX用なのですが、正直なところ一番安いW1GプランだとMT4の動作が厳しいです。

メモリが2GB搭載されているW2Gであれば問題なくMT4が動きました。

さくらのVPS for Windowsの価格表

さくらのVPS for Windows Server」 は2週間の無料体験ができていつでも解約できるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

さくらのVPS for Windowsは14日間無料体験できるが注意点もある

2週間の無料体験ができるのですが、その間帯域制限によって1Mbpsまで通信速度が落ちます。そのためFXの取引には心もとない感じを受けるでしょう。

あくまでも無料期間中はMT4の動作を見る程度にした方が良いかもしれません。

それと、14日間を過ぎて本契約になると3ヶ月間解約できなくなるので注意してください。

TRY NOW

さくらのVPS for Windows 14日間無料体験はこちらから

まとめ|おすすめのレンタルサーバー

エックスサーバーとさくらのVPSしか紹介していませんが、散々レンタルサーバーを使い倒してきて一番良いと思って使い続けているのがこの2つなので、他は紹介できませんでした。

このサイト(netwiz.jp)やteraterm.jpもエックスサーバー(スタンダードプラン)で運用していてとても安定して動いているので、よほど他に魅力的なサーバーが見つからない限りエックスサーバーを使い続けると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)