レンタルサーバー/VPSのキャンペーン情報!
お見逃しなく!!

【2021年最新版】さくらのレンタルサーバ最新レビュー!初心者から法人まで対応、おすすめの高コストパフォーマンスなレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバとは

さくらのレンタルサーバはさくらインターネット株式会社が運営するレンタルサーバーです。利用サイト数は45万件を突破し利用者数は増加中です。

早くからホスティングサービスを提供会社のひとつですから、インターネット利用歴が長い方には特になじみのある会社ではないかと思います。

さくらのレンタルサーバのプラン一覧

さくらのレンタルサーバには5つのプランがあります。

  • ライト
  • スタンダード
  • プレミアム
  • ビジネス
  • ビジネスプロ

プランにより1日あたりの転送量の目安が異なるほか、利用可能なディスク容量にも差があります。

さくらのレンタルサーバは『月額払い』か『年間一括払い』のどちらかを選択できます。年間一括払いの方がトータルコストは安くなるので、長期的な利用を検討している方は年間一括払いを選ぶといいでしょう。注意点として、ライトプランは年間一括払いのみ選択できます。

プランディスク容量転送量の目安(日)月額料金年間一括払い
月額料金
初期費用お試し無料期間
ライト10GB200GB1,571円1,048円14日間
スタンダード100GB700G524円5,238円1,048円14日間
プレミアム200GB800GB1,571円15,714円1,048円14日間
ビジネス300GB900GB2,619円26,191円5,238円14日間
ビジネスプロ500GB1,000GB/日4,714円47,143円5,238円14日間
さくらのレンタルサーバのプラン別価格表

さくらのレンタルサーバの注目機能

高速化と安定性を実現する「コンテンツブースト」機能

さくらのレンタルサーバにはオプションでCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を利用する「コンテンツブースト」機能があります。

CDNとは大量のデジタルコンテンツをインターネット上で効率的に配信するサービスです。AkamaiやCloudflareと聞けばピンとくる方が多いかも知れません。

コンテンツブースト機能を利用することによって次のような効果を期待できます。

  • WEBページの表示を高速化できる
  • 大量のアクセスがあっても安定して表示できる

コンテンツブースト機能はプランによって利用料金が変わります。

プラン月間300GBまで月間300GB以上
ライト月額1,100円①と②のどちらかの動作を選ぶ(すべてのプランで共通)

①CDNの利用を停止し、CDNから外れる(初期設定)
②1GBあたり5円でCDNを使い続ける
スタンダード
プレミアム無料
ビジネス
ビジネスプロ
コンテンツブースト機能の利用料金

ディスク容量を効率的に利用できる「さくらぽけっと」機能

さくらのレンタルサーバから提供されるディスク容量は10GB~700GBありますから、ほとんどの方は半分以上のディスク容量を余らしてしまうでしょう。

そこで「さくらのポケット」の出番です。

さくらのポケット機能を使うと余った容量を活用して写真や動画、ドキュメントファイルなどを非公開領域に保存することができます。

バックアップファイルの置き場所としても活用できて便利です。この機能はどのプランでも無料で使えます。

容量10GB〜700GB利用プランごとのディスク容量による
料金無料
機能・写真ファイル、ドキュメントファイルの閲覧
・動画・音楽ファイルの再生(ストリーミング再生、プログレッシブダウンロード対応)
・サムネイルの表示切り替え(リスト表示、ギャラリー表示)
・フォルダ機能
対応ファイル形式 iPhoneやandroid端末で撮影した動画や写真、一部のドキュメントファイルスマホアプリのみドキュメントファイルに対応
非公開領域
(専用フォルダ)
ありWEB領域での利用も可能
利用条件 どちちらかを契約
・さくらのレンタルサーバ
・さくらのマネージドサーバ
利用方法 ・パソコンはコントロールパネルから利用
・スマホは専用アプリを利用
さくらのポケット

さくらのレンタルサーバを選ぶメリット

さくらのレンタルサーバは低価格ながらCDNによる高速化機能(コンテンツブースト機能)を備えておりサイトの高速化を図れるほか、さくらのポケットのようにディスク容量を効率的に利用できる利用者目線の機能を備えており、コストパフォーマンスの高いレンタルサーバーといえます。

また、国内では老舗のレンタルサーバーですから信頼性と安心感も抜群です。これからレンタルサーバーでWEBサイトを公開したいと考えている初心者の方にも安心してご利用いただけるサービスとなっています。

さくらのレンタルサーバの疑問・質問

さくらのレンタルサーバに無料お試し期間はある?

さくらのレンタルサーバには2週間の無料お試し期間があります。

さくらのレンタルサーバにバックアップ機能はある?

さくらのレンタルサーバは8世代分のスナップショットを保存する機能があります。ただし、ライトプランは対象外のためご注意ください。

さくらのレンタルサーバは無料でSSLを使える?

無料でWEBサイトをSSLできます。難しい操作や専門知識は必要ありません。

さくらのレンタルサーバはSSH・リモートシェルを使える?

使えます。FreeBSDのコマンドを使える方はSSHでリモートログインしてメンテナンスができるので便利です。ただし、ライトプランは対象外のためご注意ください。

さくらのレンタルサーバのレビューまとめ

WordPressのようなCMSを使わない静的コンテンツでつくるWEBサイトであれば、さくらのレンタルサーバの「ライトプラン」を選ぶと格安で済みます。

さくらのレンタルサーバは初心者の方に優しく、価格も手に届きやすい設定となっていますから、これから独自ドメインを取得してWEBサイトを公開してみたいという方に向いています。

ほぼすべての方におすすめできますが、サイトが止まったりトラブルでファイルを消失したりした際にダメージを受ける方(サイトで収益を得ている方)にはさくらのレンタルサーバは向かないかも知れません。そのような方はこちらの記事で他のレンタルサーバーと比較してみてください。

TRY NOW
  • 2週間の無料お試し期間あり
  • CDNでWEBサイトを高速化
  • 空きディスク容量を効率的に利用可能
  • 低価格でコストパフォーマンスが高い

2週間無料体験 公式サイトに行く

リンク先:https://rs.sakura.ad.jp

まずは無料お試し!2週間無料でお試しください

他社のレンタルサーバーとの比較はこちら。

【2021年最新版】インフラエンジニアがレンタルサーバー5社徹底比較|コストパフォーマンスから速度・信頼性まで徹底比較
エックスサーバーは最新のAMDプロセッサと1TBのメモリー、さらにエックスアクセラレーターによりWordPressを10倍の速度で動作させます。そしてリソース保証により、高速で安定したWEBサービスを提供できる国内最速のレンタルサーバーです。
» 公式サイトを見る » レビューを見る
mixhostは最新のIntel Xeonプロセッサと256GBのメモリーを搭載した高性能サーバーを提供しています。そしてリソース保証があるため、安定してサーバーのリソースを利用できます。また、LiteSpeed WEBサーバーを採用し高速な応答を実現しています。
» 公式サイトを見る » レビューを見る
ConoHa WINGはIntel Xeonプロセッサと400GBのメモリーを搭載した高性能サーバーを提供しています。そしてLiteSpeed WEBサーバーによるWordPressの高速化とConoHa WING独自にチューニングした強力なコンテンツキャッシュ機能により、超高速応答を実現しています。
» 公式サイトを見る » レビューを見る
さくらのレンタルサーバーはコンテンツブースト機能(CDN)によりアクセスが集中してもCDNによりトラフィックが分散されるため、安定したサービスを提供できます。また、比較的低価格で運用できる点も魅力的です。低価格で高速なWEBサイトを運営したい方におすすめです。
» 公式サイトを見る » レビューを見る
ロリポップ!は200万サイト以上の運用実績がある老舗のレンタルサーバーです。低価格ながらLiteSpeed WEBサーバーを採用し高速な応答を実現しています。ドメイン数やデータベース数に制限がありますが、その分だけ低価格で利用できます。
» 公式サイトを見る » レビューを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)