レンタルサーバー/VPSのキャンペーン情報!
お見逃しなく!!

【2021年最新版】さくらのVPSとConoHa VPS | プランやサーバースペックを徹底比較

VPSとして有名な「さくらのVPS」と「ConoHa VPS」、どちらが優れているのか、どちらを選べばいいのか迷っていませんか?わたしは迷いました。

そこで、実際にさくらのVPSとConoHa VPSを使い比べて、徹底的に比較してみることにしました。

VPS選びの参考となれば幸いです。

VPSとは?共有サーバーとの違いは?

VPSは「仮想サーバー」です。物理サーバーを1台丸ごと借りると利用料金が高額になりますが、仮想サーバーは物理サーバーの中に多数の仮想サーバーを作成することで仮想サーバー1台あたりの利用料金を下げています。

共有サーバーは1台の物理サーバーあるいは仮想サーバーを複数の利用者で共有するサービスです。

VPSのメリットはサーバー1台丸ごと借りることができる点です。管理者権限も付与されるので、WEBサイトの公開だけでなく、メールサーバーにすることもゲームサーバーにすることも自由です。その代わりサーバーやアプリケーションのアップデートなどメンテナンス作業は利用者がおこなう必要があります。

共有サーバーはサーバーのメンテナンスを利用者がおこなう必要がありませんから、利用者はWEBサイトのコンテンツづくりに集中することができます。

さくらのVPSとConoHa VPSを簡単に紹介

どちらのサービスも既にご存じかも知れませんが、それぞれのサービスを簡単にご紹介します。

さくらのVPSはさくらインターネットが提供するVPSサービスです。さくらインターネットは老舗のレンタルサーバー会社なのでご存じの方が多いでしょう。

さくらのVPSの使用感としては堅実なVPSという感じです。

ConoHa VPSはGMOインターネット株式会社が提供するVPSサービスです。VPSサービスとしては後発ですが、その分利用者の声を聞き入れてさまざまなサービスを展開しています。

人気ゲームのMinecraft(マインクラフト)を自動インストールすることもできるため、ゲームサーバーを立てたいという利用者にも人気があります。また、1時間単位での利用も可能なので、短期利用者にも向いています。

さくらのVPSとConoHa VPSのプランを比較

ConoHa VPSは利用期間を設定しない通常料金と長期利用を前提とした割引料金の両方を記載しています。

さくらのVPSは「石狩」「大阪」「東京」から選ぶことができ、それぞれ値段が異なるためすべての料金を記載しています。

プラン比較内容さくらのVPSConoHa VPS
512MBプラン月額料金石狩:643円
大阪:671円
東京:698円
通常:682円
3ヶ月:671円
6ヶ月:660円
12ヶ月:593円
24ヶ月:567円
36ヶ月:542円
CPU1コア1コア
メモリー512MB512MB
SSD25GB30GB
1Gプラン月額料金石狩:880円
大阪:935円
東京:990円
通常:968円
3ヶ月:946円
6ヶ月:924円
12ヶ月:810円
24ヶ月:775円
36ヶ月:739円
CPU2コア2コア
メモリー1GB1GB
SSD50GB100GB
2GBプラン月額料金石狩:1,738円
大阪:1,848円
東京:1,958円
通常:1,848円
3ヶ月:1,815円
6ヶ月:1,793円
12ヶ月:15,99円
24ヶ月:1,529円
36ヶ月:1,458円
CPU3コア3コア
メモリー2GB2GB
SSD100GB100GB
4GBプラン月額料金石狩:3,520円
大阪:3,740円
東京:3,960円
通常:3,608円
3ヶ月:3,520円
6ヶ月:3,465円
12ヶ月:3,036円
24ヶ月:2,996円
36ヶ月:2,966円
CPU4コア4コア
メモリー4GB4GB
SSD200GB100GB
8GBプラン月額料金石狩:7,040円
大阪:7,480円
東京:7,920円
通常:7,348円
3ヶ月:7,260円
6ヶ月:7,205円
12ヶ月:6,477円
24ヶ月:6,204円
36ヶ月:5,931円
CPU6コア6コア
メモリー8GB8GB
SSD400GB100GB
16GBプラン月額料金石狩:13,200円
大阪:14,300円
東京:15,400円
通常:14,300円
3ヶ月:14,080円
6ヶ月:13,750円
12ヶ月:12.144円
24ヶ月:11,638円
36ヶ月:11,132円
CPU8コア8コア
メモリー16GB16GB
SSD800GB100GB
32GBプラン月額料金石狩:26,400円
大阪:28,600円
東京:30,800円
通常:28,600円
3ヶ月:28,050円
6ヶ月:27,500円
12ヶ月:24,288円
24ヶ月:23,276円
36ヶ月:22,264円
CPU10コア12コア
メモリー32GB32GB
SSD1.6TB100GB
64GBプラン月額料金通常:53,900円
3ヶ月:52,800円
6ヶ月:51,700円
12ヶ月:46,522円
24ヶ月:45,540円
36ヶ月:44,528円
CPU24コア
メモリー64GB
SSD100GB

通常料金の場合、全体的にConoHa VPSの方が高い価格設定となっています。しかしConoHa VPSは長期利用による割引を受けると価格が下がり、さくらのVPSよりも手頃な価格になります。

また、同じメモリーサイズでもコア数が異なるのは32GBプランです。32GBプランを選択した場合、さくらのVPSが10コアであるのに対してConoHa VPSは12コア提供されます。

64GBプランはさくらのVPSでの提供はなく、ConoHa VPSのみの提供となります。

ConoHa VPSのメリット:時間単位での利用も可能

通常料金でConoHa VPSを利用した場合、利用時間が1カ月間に満たなければ月額ではなく1時間単位での請求になります。

そのため、ちょっとした作業をしてみたい、あるいは一時的にサーバーを立ち上げたいといった用途であればさくらのVPSではなくConoHa VPSを通常料金で利用すると大幅にコストを削減できます。

プラン1時間あたりの費用
512MB1.1円
1GB1.7円
2GB3.3円
4GB6.6円
8GB13.2円
16GB24.2円
32GB48.4円
64GB96.8円

開発者の方やLinuxの勉強をしたいという方は1時間単位での利用が向いているかも知れません。

TRY NOW

初期費用と無料期間の比較

さくらのVPSは初期費用無料、2週間の無料お試し期間があります。

ConoHa VPSも初期費用無料ですが無料のお試し期間はありません。試しに利用したい場合は通常料金で利用を開始し、不要になったらサーバーを停止・削除すればいいでしょう。

さくらのVPSとConoHa VPSの使えるOSの違い

さくらのVPSとConoHa VPSでは思想がまったく異なります。

さくらのVPSはぜんぶ自分で対応できる方向け

さくらのVPSにはワンクリックでWEBサーバー、POP3サーバー、DNSサーバー、DBサーバーなどを構築できる「標準OS」と、さくらのVPSが用意したISOからクリーンインストールできる「カスタムOS」が用意されています。

また、ユーザーがISOファイルをアップロードしてさくらのVPSが用意していないOSをインストールすることも可能です。

ConoHa VPSは目的別にOSを構築できる

ConoHa VPSは標準でインストール可能なOSがとにかく多く、一般的に入手可能なOSはほぼすべてそろっている感じです。FreeBSDやOpenBSD、NetBSDも最初から用意されている点もユニークです。

また、さくらのVPSと同じようにユーザーがISOファイルをアップロードしてConoHa VPSが用意していないOSをインストールすることも可能です。

もっとも注目するべき点はアプリケーションをOSと同時にインストールできる点です。特にMinecraft(マインクラフト)のゲームサーバーを立てたい方にはおすすめです。ボタンをクリックするだけでMinecraftをインストールできるので、試しにゲームサーバーを立ててみたいとう要望も簡単に叶います。

インストール環境はConoHa VPSがおすすめ

まとめると、さくらのVPSは基本的にすべて自分で対応する必要があり、技術力が求められます。それとは反対に、ConoHa VPSを使えばテンプレート機能により面倒なミドルウェアやアプリケーションのインストールをおこなう手間を省くことができます。また、ユーザーがISOをアップロードして好きなOSをインストールすることもできます。

構築の手軽さや自由度という点ではConoHa VPSが勝っていると言えるでしょう。

ConoHa VPSは簡単にMinecraft(マインクラフト)をインストール機能もあるので、ゲームサーバーを立てたいという方にはConoHa VPSがおすすめです。

TRY NOW

さくらのVPSとConoHa VPSの性能の違い

ここからは、実際に利用してみて具体的な性能の差を比較したいと思います。

注意点として、VPSは他のユーザーとハードウェアリソースや回線を共有しているので、実行タイミングによってここで掲載している結果とは異なる可能性があります。

ここから先のテストは同日同時刻、まったく同じタイミングで実行しています。

CPUのスペックとディスクI/Oを比較してみる

項目さくらのVPSConoHa VPS
CPUモデルIntel Core Processor (Broadwell)Intel(R) Xeon(R) CPU ES-2670 v3 @ 2.30GHz
クロック2199.998 MHz2294.684 MHz
BogoMips4399.994589.36
L2キャッシュ4 MiB4 MiB
Disk読み込み速度 151.75 MB/秒352.30 MB/秒
書き込み速度210 MB/秒626 MB/秒
さくらのVPSとConoHa VPNのハードウェア比較

CPUのスペックは若干ConoHa VPSの方が高速に見えますが、ConoHa VPSはXeonを採用しているため高負荷時に強いというメリットがあります。特にゲームサーバーを立てる場合は有効でしょう。

ディスクI/OについてはConoHa VPSが圧倒的に高速であることがわかります。ディスクへの読み書きが多いアプリケーションを利用する場合はConoHa VPSが有利です。この点もゲームサーバーを立てたい方にはメリットとして感じられるでしょう。

さくらのVPSとConoHa VPSのラウンドトリップ時間の違い

ラウンドトリップ時間の違いを計測するために、サーバーから1.1.1.1と8.8.8.8へそれぞれPINGを実行して最小・最大・平均のラウンドトリップ時間を計測しました。ブレをなくすため100回PINGを実行した結果を採用しています。

※「1.1.1.1」はCloudflareが提供するDNSサーバー、「8.8.8.8」はGoogleが提供するDNSサーバーです

宛先さくらのVPSConoHa VPS
1.1.1.1最小:1.106秒
最大:3.498秒
平均:1.218秒
最小:0.663秒
最大:1.597秒
平均:0.835秒
8.8.8.8最小:0.930秒
最大:3.554秒
平均:1.039秒
最小:1.174秒
最大:1.946秒
平均:1.331秒
さくらのVPSとConoHa VPSのラウンドトリップ時間

この結果を見ると、さくらのVPSはConoHa VPSに比べるとラウンドトリップ時間のブレが大きくなっています。ネットワークの観点では安定しているのはConoHa VPSでしょう。この点もやはり、ゲームサーバーを立てる場合に重要となります。

まとめ

総合的に見るとConoHa VPSがサーバースペックや機能などあらゆる面で優勢に見えます。

わたしはさくらのVPSをメインに利用しているのですが、今回あらためてふたつのVPSサービスを比較してみてここまで差があるのかと驚きました。ConoHa VPSをメイン利用に切り替えていいかなと思い始めています。

CPU速度とディスクI/O、どちらもConoHa VPSが有利であり、ネットワークもConoHa VPSの方が安定しているように見えます。Minecraft(マインクラフト)などゲームサーバーを立ててみたいという方にはConoHa VPSをおすすめします。

使いやすさの面でも、面倒なサーバー構築を任せることができるConoHa VPSがおすすめです。

特に一時的なテストサーバーを構築する場合は1時間単位で費用を請求されるConoHa VPSが圧倒的に有利でしょう。

ConoHa VPSを一方的に褒めていますが、ConoHa VPSが素晴らしいというだけでさくらのVPSが悪いというわけではありません。通常利用では何ら問題がないことを保証します。

わたし自身、さくらのVPSをメインで利用中なのでその点は大丈夫だと言えます。

さくらのVPSはさくらインターネットが提供するVPSサービス。月額643円から利用でき、サーバーのロケーションは「石狩」「大阪」「東京」から選択可能。さくらのVPSが用意したOSだけでなく、利用者がISOファイルをアップロードしてしてインストールすることもできる、おすすめVPS。
» 公式サイトを見る » レビューを見る
ConoHa VPSはGMOインターネット株式会社が提供するVPSサービス。Minecraft(マインクラフト)を簡単に自動インストール可能。高速サーバーを採用しているためゲームサーバーにも最適です。Minecraft利用者が多数いらっしゃいます!
» 公式サイトを見る » レビューを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)