VMWare Workstation(Player)でTPMを有効化できず悩んでいる方へ

VMWareにインストールしたWindows10をWindowss11にアップグレードできない原因のひとつがTPMですが、これはVMWare 16.2で解消されました。

.vmxファイルに以下の1行を追加するだけです。

managedvm.autoAddVTPM = "software"

.vmxファイルを編集する際は仮想マシンをシャットダウンしておく必要があるのと、あらかじめ仮想マシンのハードウェア互換性を16.2以上に上げておく必要があるので注意してください。

ハードウェア互換性は16.2以上に上げておく

ここまでは問題ないと思います。ぼくもここまでは簡単に完了しました。問題はここから。

仮想マシンを起動するとTPMが追加されるはずなのですが、なぜか追加されない。そんな方がこの記事を読んでいるのではないかと思います。

こんな風にTPMが追加されると思っていた

TPMが追加されているかどうか、有効化されているかどうか、それは起動しているマシンからも確認できます。コマンドプロンプトから tpm.msc を実行すると以下のように表示されるはずなのですが、この記事を読んでいる方は何も表示されていないはずです。

本来はこのように表示されるはず

結論から言うと、VMWare WorkStation(Player)を終了させてください。そしてVMWare WorkStation(Player)を起動してから仮想マシンを起動してみてください。

これでTPMが追加されているはずです。

ぼくはこれで1時間くらい悩みました orz

1 COMMENT

Tom

だめだ。どうしても「Trusted Platform Module」が追加されない。Vmware内ではなく、直接インストールした場合は問題なくTPM2.0を認識するのだが。。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)